クレジットカードファインドマン

クレジットカードを持つ!

クレジットカードファインドマン
人生を歩んでいけば、必ず訪れる経験というものがあります。それが「初めての経験」。

 

この場では、クレジットカードを初めて発行するときのお話をしていきたいと思います。

 

 

利用履歴(信用情報機関に情報)が全く無い状態

インターネットの情報などで「初めての方はクレジットカードを発行するのは難しい」という声を散見することができます。

 

何故、このようなことを言っているのか?理由は単純で、クレジットカードの利用履歴が全くない状況のため、カード会社としては、申込者の人物像が湧いてこないからです。要は、本当に申込者の代わりに、お金を立て替えても大丈夫なのか?が分からないのです。

 

クレジットカード会社は「信用できる人物か?」を確認する

当たり前のことですが、お金を扱う以上、その人物が信用に値する人間なのか?を知りたくなります。その1つの方法として、利用履歴があるというわけです。そして、初めての場合、この情報がないわけです。

 

後は、想像通りのお話で、情報が無い以上、他の情報で信用に値する人物なのか?を見極めないといけなくなります。その結果、ネットサイトで散見できる「初めては発行が難しい」ということにつながってきます。

 

では、本当に発行することができないのか?次からお話をしていきます。

 

 

無茶な申し込みは避けるべし

クレジットカードの利用履歴がないわけですから、クレジットカード会社から見たら、申込者は、どの程度利用するのか?が分かりません。信用する・しない以前の問題で、非常に判断が難しいため「とりあえず発行して様子を見たい」というのが本音。逆に言えば、利用履歴などが全くない申込者に対して、リスクの大きいゴールドカードは発行したくないといえます。

 

したがって、今まで利用したことが無い方が、いきなりゴールドカードを申し込みするのは避けた方がよいでしょう。ちなみに、申込み自体はできます。あくまで「まずは普通のカードで利用履歴を作ってからゴールドカードにステップアップすることを強くお薦めします」ということです。

 

 

普通に過ごしていれば「問題がないレベル」のはず

ここまで、いろいろと初めてということについて触れてきました。では、初めての場合は、やっぱり難しいのか?と問われると答えはノーです。簡単とは言いませんが、ごく普通の生活を過ごしていれば、問題なく発行できるカードは存在すると言えます。

 

ごく普通の生活とは、携帯電話の支払いや電気・ガス・水、そして家賃の支払いをしっかりしてきたこと。そして安定した収入があること。ただこれだけです。

 

相対的に見て、既に発行している方と比べると難しいのかもしれませんが、クレジットカードの発行が難しいというわけではありません。ただ、断っておきたいのは「審査が甘い」ということではないということ。あくまで、一般論としてのお話だということを踏まえておいてください。